読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雷の排除作業は、天才のひらめきや思いつ

練り物の製造が盛んな愛媛県八幡浜市で、新年の食卓を彩るかまぼこ作りが最盛期を迎えている。八水蒲鉾(同市保内町川之石)では、普段の3倍に当たる1日9万本の増産態勢に入り、年末まで約130人の作業員で忙しい日々が続く。 エルメス iphone7ケース  贈答用の出荷も重なる12月は最大の繁忙期。通常の商品に加え、「寿」の文字や松竹梅の絵柄を入れた切り出しかまぼこ、だて巻きなどた作業をこなすだけであり、自発的に何かを良くしようなどとは思わないのが普通なのである。 ルイヴィトンiphone7ケース  つまり、ハードだけをそのままモノマネして、生産ラインに「アンドン」を取り付けてもダメで、ワーカーの「価値観」を変えなければトヨタ生産方式は機能しないのである。 必勝法は存在しない「アスファルトよりも足にいいし、平らではなくて緩んでいるから、自然とバランスを意識して走れたりするから足首のトレーニングにもなる」  悔い多き打席があった今シーズンだが手ごたえを感じた一打もあった。 ヴィトン iphone7ケース8月4日のファイターズ戦(マリン)。8回に榎下投手の140キロ高めのストレートをバットに合せると、流すように左ポール際に弾き返した。 ヴィトン iphone7ケース打球はグングンと伸び、フェンスに当たる二塁打。今季2度目の猛打賞を放った。 シャネルiphone7ケース流し打ちでのフェンス直撃の強烈な一打。手には確かな手ごたえが残った。 シャネルiphone7ケース 「おかげさまで、まだ動ける。肩も問題ない。 ルイヴィトンiphone7ケース目も速いボールを見極められているし、しっかりとボールについていけている。今は反省をするところはしっかりとして、やることをしっかりとやって、万全の準備をして備えるだけだよ」  12月14日、福浦は41歳の誕生日を迎えた。 ヴィトン iphone7ケース「もう誕生日なんて嬉しくないよ」と笑う大ベテランは今年もまたいつもと変わらぬ精力的なオフを過ごしている。目指すは個人の記録達成ではなく、チームの優勝。 ルイヴィトンiphone7ケースそれを大勢のファンで埋まるZOZOマリンスタジアムで達成したいと願う。心を静の状態で落ち着かせ、私欲のすべてを捨て去り、マリーンズの未来のためだけに打席に向かう。 ルイヴィトンiphone7ケース24年目のシーズンに向けた鍛錬の日々は始まっている。  要するに「他社の成功を表面的に学んでも意味がない」のである。 シャネルiphone7ケース筆者は20年以上にわたって様々な企業の様々なビジネスを成功させるべくお手伝いをしてきた。その経験を通して学んだことは次の一言に尽きる。 エルメス iphone7ケース  成功は十社十色である。他社のモノマネではなく、個々の戦略は個々のコンテキストを分析して個別に練り上げないと意味がないのである。 シャネルiphone7ケース 筆者が観察したところ、「結果として」成功しているのは以下の3つの条件が全て揃った場合である。  ここで誤解してはいけないのは、この3つの条件が揃うことは成功の「必要」条件であり、「十分」条件ではないということである。 ルイヴィトンiphone7ケースこの3つのどれが欠けても失敗するが、この3つが揃ったからといって成功する保証はないのである。 負けない戦略を作る  繰り返しになるが、「絶対に勝てる戦略」、すなわち成功の十分条件はないのである。 ルイヴィトンiphone7ケースしかしながら、「これをやってはほぼ確実に失敗する」、すなわち「これをやってはいけない」という「DON’Ts」は存在する。別の言い方をすると「踏んではいけない地雷」である。 ルイヴィトンiphone7ケース  すなわち、「必ず勝つ戦略」を作ることは不可能だとしても、「少なくとも負けない戦略」を作ることは可能である。要するに徹底的に地雷を排除すれば良いのである。 ヴィトン iphone7ケース地雷の排除作業は、天才のひらめきや思いつきではなく、地道なローラー作戦である。天才のひらめきによる成功は当たった時は「かっこいい」が、そもそも属人的な技量に頼っているので組織としての再現性に乏しい。 ルイヴィトンiphone7ケースむしろ地道な地雷排除の方が組織として持続性を保つことができる。  ところが、なぜか多くの企業はこの地道な地雷排除作業を怠ってしまう。 シャネルiphone7ケースおそらく、次のような心理が働くのであろう。地味で目立たない、つまらない。 ヴィトン iphone7ケース目先のことに忙殺されて、ベーシックを忘れる。当たり前すぎておろそかにしてしまう。 シャネルiphone7ケース地雷排除作業はクリエイティブに思えない……いずれにせよ、競合企業が地雷排除を怠っているとすれば、その中で自社がきっちりと地雷排除を行えば、結果として「負けない戦略」が「勝てる戦略」につながることもあり得る。

 シャネルiphoneカバー

 シャネルiphoneカバー

 シャネルiphoneカバー

 シャネルiphoneカバー

地雷(失敗のパターン)は共通している  成功は十社十色であり、共通性・再現性はない。 ヴィトン iphone7ケースところが面白いことに、失敗のパターンはかなり似通っている。踏んではいけない地雷は驚くほど共通なので、かなりの程度チェックリスト化できる。 ルイヴィトンiphone7ケース筆者のこれまでの経験から、ありがちな失敗をまとめてみた(一つ一つの失敗パターンに関する詳細は拙著「経営の失敗学」を参照されたい)。  これを見ると、当たり前すぎてがっかりする読者もいるのではないだろうか。 シャネルiphone7ケースしかしながら、筆者の経験から言えば、この当たり前のことができずに自滅するビジネスがいかに多いことか。馬鹿にせずに地道な地雷排除を行うべきであろう。 ヴィトン iphone7ケース  再現性のない成功から学べないが、共通性のある失敗から学ぶことはできる。そうだとすれば、いたずらに青い鳥(必勝法)を追うよりも、地道に失敗のパターンを学び、地雷を徹底的に排除する。 シャネルiphone7ケースこれによって少なくとも「失敗しない」戦略を作ることができる。ただしこれをやり過ぎると戦略の角が取れて、「同質化競争」に陥ってしまうので、あえてリスクをとって再び戦略を尖らせる。 シャネルiphone7ケースあとは実行。競合を上回る徹底度、スピード、しつこさでやり抜く。 ヴィトン iphone7ケース結果を見て、競合を上回るスピード、頻度で軌道修正を行う。以上の流れを絵にした 失敗学の有用性  プロ野球野村克也監督は「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」と述べている。 シャネルiphone7ケースこの言葉は元々江戸時代の剣術の達人、松浦静山の剣術書からの引用である。「負ける時にはなんの理由もなく負けることはなく、必ず負けにつながった要素がある。 シャネルスーパーコピー一方、勝ったからといって慢心すべきではない。勝った場合でも何か負けにつながったかもしれない要素がある」という意味である。 シャネルiphone7ケース言い換えれば、「こうやれば必ず勝てる」という要因はないが、「これをやってしまえば必ず負ける」という要因は存在する、ということである。ビジネスも同じではないだろうか。 ヴィトン iphone7ケース正月用の約30種類も増産している。  今年も残すところ10日余りとなった20日は、イトヨリダイのすり身を使った紅白の「鯛(たい)かまぼこ」や油揚げですり身を巻いた「あげ巻」など、色鮮やかな商品を次々と仕上げていた。 Pradaメンズ靴通販